So-net無料ブログ作成
検索選択

景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念−社会意識調査(時事通信)

 内閣府は27日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。日本の現状で「悪い方向に向かっている分野」(複数回答)を尋ねたところ、「景気」と答えた人が63.1%で3年連続のトップだった。2位は「雇用・労働条件」の56.5%で、ともに過去最高だった昨年1月の前回調査より減少したものの、厳しい経済情勢への不安が払しょくされていないことが浮き彫りとなった。
 調査は1月21日〜2月7日にかけ、全国の成人男女1万人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は62.1%だった。
 「悪い方向」で前回調査より大幅に増加したのは「国の財政」と「外交」。それぞれ前回比4.7ポイント増の47.6%と、同7.8ポイント増の28.3%で、特に「外交」は昨年の13位から6位へと上昇した。2010年度予算で過去最大の44兆3030億円に達した新規国債発行額や、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる鳩山政権の迷走への懸念がうかがえる。
 「良い方向」(複数回答)では、昨年に引き続き「科学技術」が20.7%で最多。上位の項目では「医療福祉」が同5.5ポイント増の18.7%(2位)、「教育」が同2.3ポイント増の11.8%(6位)と、いずれも昨年より順位を上げたのが目立った。 

【関連ニュース
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米
普天間、5月末までに解決=岡田外相
「普天間」県外移設に難色=現状と同等の能力必要
普天間政府案「許せない」=社民・阿部氏
鳩山首相「県外」に固執=募る沖縄の政権不信

郵政で閣内不一致、「女性スキャンダル」 鳩山内閣「火だるま状態」(J-CASTニュース)
大阪・旭区で異音盗(産経新聞)
骨格発表、首相は了解済み=亀井氏、閣内の批判に反論−郵政改革(時事通信)
<イチゴ狩り>甘い香りに誘われて…愛知・豊田(毎日新聞)
<全日空機>副操縦士からアルコール検出 出発遅れる(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。